信用取引のしくみについて

手持ちの資金以上の株取引をする方法


信用取引とは、資金や持ち株などを担保に、証券会社からお金を借りて、自分が持っている資金以上に株取引を行うことを言います。
この信用取引は、ごく一般的な株取引の1つとなっており、個人投資家の売買代金の過半数がこの取引によるものとなっています。
では、この信用取引によってどのようなメリットが挙げられるのか、ここで簡単にご紹介していきましょう。
まず1つ目に挙げられるのは、少ない資金でも多くの利益が得るチャンスが生まれるという点です。
この取引では、持っている資金の3倍の取引ができるようになります。例えば、30万円の資金を持っていれば、90万円の取引が可能になり、取引がうまくいけば、3倍の利益が得られるということになります。


株価が下がっても利益を生み出す方法


また、信用取引には空売りという独自の取引方法があります。
一般的な株取引では、株価が下がった時に購入し、上がった時にその株を売って利益を生み出すのが普通なのですが、空売りとは、これとは全く逆となります。
まず、証券会社からお金を借りて株を売り、株価が下がった時に買い戻して借りたお金を返すというのが空売りです。
この空売りをうまく利用することによって、全体的に株価が下がっている時にも、利益を生み出すことができるようになります。さらに、空売りをうまく利用することで、株主優待を低リスクで手に入れることも可能になるのです。
皆さんも是非この機会に、信用取引に挑戦し、うまく資産を増やしてみてはいかがでしょうか。